トップ > CAPICとは > 刑務作業とは

刑務作業とは

 刑務作業は、刑法に規定されている懲役刑の内容であるとともに、受刑者が改善更生し、円滑に社会復帰するための重要な処遇方策のひとつです。

 受刑者に規則正しい勤労生活を行わせることにより、その心身の健康を維持し、勤労精神を養成し、規律ある生活態度及び共同生活における自己の役割・責任の自覚を助長するとともに、職業的知識及び技能を付与することにより、円滑な社会復帰を促進することを目的として行われております。

 刑務所では、受刑者の作業を確保するため企業の皆様から作業の注文をお待ちしております。主な作業内容としては、木工製品の製作、印刷作業、衣類等の縫製作業、金属の溶接・切断、革製品の縫製、その他組立などです。

 

刑務所の作業に関するお問合せはこちらへ

 

 

刑務作業のメリット

 刑務作業は国の事業であり、安心して仕事を任せられます。

■常時一定の労働力が確保できます。

安定した労働力の確保は、民間企業にとってかなりの関心事と思われます。施設では、通常、一社について10人~200人くらいの労務を提供しております。

■敷地の購入費、工場、倉庫等の建設費がいりません。

 刑務所には工場等の建物が設備されていますので、機械設備を持ち込んでご利用することが可能です。また、土地、建物を維持するための租税が節約できます。

■経常費が節約できます。

国の機械設備、事業部の材料等を利用できますので、その分だけ経費の節約ができます。

 

■情報管理が徹底できます。

 刑務所での情報は、施設の特殊性から管理が徹底しております。

 

■労務管理の心配がありません。

 労務管理は、すべての刑務所の責任で行いますので、何ら心配はいりません。

 

■福利厚生関係費が要りません。

 国において措置されるため、受刑者について、一般労働者に必要な福利厚生費、保険料などが必要とされません。

 

■技術指導者が配置されています。

 受刑者は、入所前の職歴、適正、知能程度を考慮して本人に適する作業に配置されており、職業訓練を通じて技能者養成に努めています。

 なお、作業内容によっては、技術指導のため発注者から指導員を派遣していただくこともできます。